【堺市】タンパク質の動物性と植物性について

query_builder 2022/06/03
ダイエットボディメイク

ホームページをご覧いただきありがとうございます。


当ジムは堺市東区にあるパーソナルジム「パーソナルジムYM」です!




今回は、タンパク質を2種類に分け説明していきたいと思います。


  肉や魚、卵、乳製品に含まれるタンパク質のことを動物性タンパク質といい、 豆や穀物に含まれるタンパク質のことを植物性タンパク質といいます。


まずは、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の特徴をそれぞれの見ていきましょう。


動物性タンパク質

  • からだへの吸収速度が速い
  • 必須アミノ酸を豊富に含む
  • 脂質が多い


動物性タンパク質には、前回登場したBCAAの1つ、ロイシンが多く含まれています。

具体的には、牛肉やサケ、マグロ、鶏の胸肉、ヨーグルトなどです。マグロは鉄分も豊富ですので女性にはオススメです。

筋肉を早くつけたいときにはこちらのタンパク質がおすすめです。

ロイシンは筋肉合成には欠かせないので毎日摂るようにしましょう!


植物性タンパク質

  • 脂肪燃焼の効果が動物性より高い
  • からだへの吸収速度がゆるやか
  • 必須アミノ酸は少ないが脂質の含有量が低い


植物性タンパク質は脂質が少ないので、たくさん摂っても脂肪がつく心配はありません。

吸収速度がゆっくりなので腹持ちが良く、低カロリーなのでダイエット向きです。

具体的には、大豆、豆腐、玄米やスパゲッティ麺です。小豆(こしあん)も含まれますので、ダイエット中のおやつにぴったりです。

穀物類は糖質が多いので食べすぎには注意です!


このように動物性、植物性どちらにもメリットとデメリットが存在します。

食事では、この2つのタンパク質のメリットだけを組み合わせられるような食材で構成されているのが望ましいです。

調理の際は油の使用は控えめにし、肉は脂質の少ない赤身を選びましょう。タンパク質が豊富に含まれていても、カロリーの多い食材には注意してください。

缶詰なら手軽にタンパク質を摂ることができるのでおすすめです。

また、組み合わせて食べることで味に飽きることなく継続も期待できます。

ぜひ活用していただけると嬉しいです!




3回に分けタンパク質について紹介させていただきました。

次回からは別の栄養素をテーマにお話ししていきたいと思います!


少しでも気になった方は、随時予約を受け付けておりますのでお電話かホームページのお問い合わせからメールお待ちしております。


----------------------------------------------------------------------

パーソナルジムYM

住所:大阪府堺市東区大美野24-29

電話番号:090-4495-6013

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG